2016年4月11日月曜日

来週21日は「宿命」&カレンダー組曲with仙台フィル

そして、来週21日(木)は仙台にある、日立システムズホール仙台にて、千住明さんと仙台フィルさんと、東日本大震災の為のチャリティーコンサートです。

未だに、思う様に進まない復興に、無力さを日々感じています。
僕が音楽をする意味をも考えるキッカケとなったこの出来事は、あれ以来どんな時も自分に対し、自問自答する事となりました。

音楽の力は、もしかしたら、無力なのかもしれないと。

でも、物資が届き、やがて次に人が欲するもの、拠り所とするものは、人から人に伝わる「安堵」だと思います。

険しい道のりですが、日本全体で受け止め背負うべきこの復興への道のりを、たとえ微力でも、聴きにいらして頂く方々の心に、何かひとつでも温かい思いが生まれ、共有する為に、当日は全力で臨みたいと思っています。

前半は、写真家の山梨勝弘さんによる12ヶ月の様々な日本の風景写真と、そこからインスピレーションを受け、千住先生が音としての託した日本の風景の世界を。

後半は仙台の、「希望の響き合唱団」と、千住先生が送る子供たちへの合唱曲、そしてヴァイオリニストの千住真理子さんによるヴァイオリン協奏曲、そして僕がピアノ協奏曲「宿命」を演奏します。

1月にオペラシティで千住真理子さんの演奏をお聴きした時、リハの段階から、彼女の持つオーラ、そして咽び泣く様なヴァイオリンの音色に引き込まれました。素晴らしい唯一無二の演奏家だと改めて、感動したのを覚えています。

当日はヴァイオリン協奏曲以外、すべての作品でピアノを弾きます。
色々な立ち位置でピアノを弾き分ける事を今からとても楽しみにしています。

皆さんとお会い出来るのを楽しみにしています。


詳細