2014年12月31日水曜日

写真と共に




僕が稽古に入るまで、ずっと稽古ピアニストとして入っていた栗山梢ちゃん(左)
ギリギリまで貴重な客観視をくれ、助かりました。
音楽監督アシスタントの石川洋光先生(右)も、連日寝ずにスコア譜やパート譜をあげて下さり、頭が上がりません。お互い、音大講師としての顔もある身、補講、どないしよう…(笑)と毎日の様に話してました。




稽古から本番中も、いつも相談に乗ってくださった亜久里夏代さん‼︎
彼女は音大のピアノ科出身なことからも、ベートーヴェンの原曲の持つ魅力、偉大さと舞台としてのパフォーマンスの狭間でのバランスを誰よりも理解していて、とても助けられました。
そして、御自身は、歌って演技して、稽古では、他の役者さんの歌唱指導して、文字通りスーパーウーマンで超カッコ良い‼︎
大ファンになりました。
またの再会を楽しみに(*^^*)




また、姜暢雄さんの笑いのセンスは、本当にハイクオリティで、いつも楽屋で笑わせて頂きました。そして、勉強になりました(笑)
今思い出しても吹き出しそう…。
姜さんと原シンさんのトーク番組とかあったら、絶対観たい。笑
絶対、深夜枠だな。。




そして、今回のルードウィヒ・Bの音楽監督である作曲家の千住明先生。沢山の事を学ばせて頂きました。
来年も宜しくお願い致します(*^^*)


-- iPhoneから送信