2014年12月31日水曜日

ルードウィヒ・B

早いもので、あっという間にルードウィヒ・Bの大千秋楽から沢山の時間が流れてしまいました(>_<)
そう、今日は大晦日です(笑)

大阪千秋楽の次の日からは、公演中、休講していた大学講義を鬼の如く補講しまくっていました。

改めて、ルードウィヒ・B東京大阪公演共に、本当に沢山の方々にお越し頂き、心から感謝しています。

細かくは、デライトクインテットのクラリネット奏者の安藤さんがブログに書いていますし、Twitterなどでちょくちょく書いていたので簡潔に。。
安藤ちゃんのブログ

僕自身、舞台で演技する役者さんと一緒に弾く事も初めての経験で、沢山の不安を一緒に乗り越えて、絆も強く最後まで走れたことに、メンバーには心から感謝です。

こんなバンマスについて来てくれた事に、改めて御礼をm(_ _)m
新年のミュージシャンチームの打ち上げを楽しみにしてるよ‼︎(笑)






安藤さんのブログにも書いてありましたが、公演初日の1日半前に正規メンバーのヴィオラ奏者が病気になり、そこからは時間と日にちの感覚があまりなく、はい、逆境キタァァァ‼︎と思いました(笑)

アンサンブルは阿吽の呼吸。1人のメンバーが変わるだけで、微妙な感覚、バランス、音楽も変わります。1から再構築が必要で、3人のピンチヒッターと、初日直前にそれぞれの方々と時間が許す限りリハをしました。

結果的に3パターンのチームを作る作業に。

フランツの言葉を借りるとしたら

「神よ…」
といったところでしょうか。

まず、この急遽1日半前にも関わらず、強いハートを持って引き受けてくれた知見寺くん、柴田さん、亀井さんの素晴らしい順応力に心から敬意と感謝を‼︎彼等とは、チャンスがあれば、また是非仕事を一緒にしたいと思いました。









今回、普段ソロでステージに上がる事の多い僕にとって、沢山の方と関わりながら、ひとつのものを創り上げる作業に、とても大きな刺激を頂きました。
照明、音響、大道具、演技指導、キャスト、ミュージシャンが一体となる感覚は、経験した事のないもので、やって良かったと心から思います。

恥ずかしながら、アイドルにあまり詳しくなかった僕も、今回A.B.C-Zのお2人と知り合える事が出来、新たな価値観や世界が生まれた気がします。
お陰で、LIVEやワーホリの旅のBlu-rayをポチりました。

座長を務めた主役ルードウィヒ役の橋本良亮さんのひたむきさには稽古から本番を通して、見習うべきものが多く、回を重ねるにつれて、音楽家の僕ら側が突き動かされる程の演技、指揮でした。

本来、演奏者の僕らは自分の内にあるものや訴えたいものを音に託し、「自分」を表現する事が求められますが、今回橋本さんの演技、台詞、指揮、気持ちを受けて、そこから僕らが音として伝える、という事で、どんどんとひとつになっていく感覚がありました。


今回音楽チームの中で、曲数的にもピアノの比重はとても多かったですが、当て弾きも橋本さんの気持ちを汲み取る作業で、これもとても神経は使いますが、楽しかったです。






擦り減る精神を休める為に、昼と夜の公演の間の90分の休みではこうなってました(笑)

第九は、大阪公演からピアノも加わり、オケとして橋本さんの指揮を全身で受け止めて弾く事が出来て、素晴らしい高揚感でした。


千住先生とも話していましたが、天性の指揮のセンスや今回のベートーヴェンという難しい大作曲家を見事に演じ切った橋本さんには、今後、クラシック業界の救世主になって欲しいと思います‼︎

僕らのやっているクラシック音楽の魅力をちゃんと伝える事の出来る方だと確信しています。

是非、クラシック音楽のドラマ、映画などに橋本さんが関わって欲しい‼︎‼︎

そして、その時はまた、タッグを組みましょう(笑)
2人ともB型の左利きですし(笑)


公演中、橋本さん河合さんのファンから沢山のお手紙を頂きました。
しっかりと読ませて頂きました、大事にさせて頂きます。



ルードウィヒ・Bカンパニー、温かい御客様に感謝‼︎
最高の思い出です。


来年も色々と楽しみな企画や本番が年始早々始まります。
ひとつひとつの縁を大事に、僕らしく2015年もジャンルを越えて暴れたいと思います‼︎