2014年5月25日日曜日

最近、芸高時代の副校長とお会いし、その時に一冊の本を勧めてくださいました。



柴田南雄著 「音楽史と音楽論」


大変興味深く読ませて頂いてます。
副校長だった海老原先生には、

「僕の当時の授業の元となる資料なんだけどね。」

とボソッと言われましたが、本当に申し訳ないのですが、当時は興味深いと思わずに、ボケーっと過ごしていたのかもしれません…(笑)


学生にも勧めてみよう♪


-- iPhoneから送信