2014年3月26日水曜日

かながわ音楽コンクール

今日は、かながわ音楽コンクール予選の審査を務めさせて頂きました。

昨日調べてみたら、自分が受けた回が中2の時の第14回で、今回が第30回。時の経つ早さにただただ驚いています…

自分にとっては、1位の副賞に神奈川フィルとコンチェルトをさせて頂いた思い出深いコンクールです。そしてその時のコンサートに、ヴァイオリン部門に白井圭君がいて、圭君の演奏に衝撃を受け、「こんな人がいるのかぁ、オラ、なんか、ワクワクすっぞ!!」と、芸高という学校に絶対に行きたい!という強い憧れを抱くきっかけにもなりました。
色々な意味で自分にとっては、大事な人生の分岐点だったんだなぁと振り返ってみて改めて思います。


こうして審査員として、コンクールに帰って来させて頂き、心から光栄に思います。貴重な機会に感謝です。



75人のコンテスタントの講評を必死で書きながら、大変興味深く聴かせて頂きました。
明日の神奈川新聞の朝刊に結果が出て、一喜一憂するんだなぁと懐かしく思います。笑



そしてそして、今日は上野学園大学も卒業式で、重ならなければ生徒の御祝いに駆けつけたかった気持ちでいっぱいです。

卒業生のみなさん、心からおめでとう‼︎

音楽の世界、楽しい事、数字には決して計れない未知数な喜び、感動が沢山あるから、お楽しみに^ ^

邪念は払いのけて、変わらず、たゆまず頑張れ頑張れ‼︎

そして、僕はそれ以上に頑張る‼︎笑

と、卒業生の皆さんに激励エールを送ってみたり。

おめでとう(*^^*)

byかわけん


-- iPhoneから送信