2012年10月17日水曜日

リハ。

今日から、今週末にある東京ヴィヴァルディ合奏団の第107回定期演奏会のリハがスタートしました。




50年もの歴史を持つ、音楽監督兼チェリスト渡部宏さん率いるこの合奏団の最大の特徴は、指揮者を置かず、弦楽とチェンバロの男性12人での編成で演奏する事です。

去年から、出演させて頂く機会が度々ありますが、非常に勉強になる、アンサンブルの経験の場です。


何より、弦楽のバロック音楽に沢山触れ、知る事が出来て、毎回ワクワクします。

今回のソリストは、ヴァイオリニストの米元響子さん。

今から楽しみです(*^^*)


-- iPhoneから送信