2012年10月15日月曜日

ありがとうございました!

週末の2日間、大阪でのチェロリサイタル、静岡での富士フィルとのコンチェルト、終わりました。


まずは、土曜日、チェリスト誓山由樹リサイタルについて、書きたいと思います。


金曜日に大阪入りし、作曲の立木貴也氏の作品を初演する為、本人に立ち会って頂きながら、リハを進めました。




初めての現代曲、心配でしたが、立木氏が口でイメージを説明すると、不思議と作品の本質が明確に見え出し、引き込まれました。

「パサージュ」ピアノとチェロの為の


この作品は、日本音楽、能や雅楽など、伸縮するリズムと西洋音楽の融合をはかった作品です。
ピアノの弦を抑えて鍵盤を叩く奏法や、弦を直接弾く奏法。
和の世界が持つ、「間」。これがこの作品の大きなコンセプトでした。





当日のアンケートでは、この作品の印象も凄く良かったようで、僕もチェロの誓山くんも、ホッとしました。

また機会があれば、是非演奏したい、僕にとっても大事な作品となりました(*^^*)
立木貴也さん、本当にありがとうございました!

そして、誓山君とは、グリンカや、ラフマニノフの歌曲、チャイコフスキーのペッツォカプリチタオーソ、珍しいボエールマンのチェロソナタを。



歌曲は、彼の魅力を発揮出来る真骨頂だった様に思います。

ボエールマンのソナタは、誓山君の紹介で初めて知りましたが、オルガン作品を多く残したせいか、フランス作品とは思えない重厚な
世界観があり、隠れた名曲です。

誓山君のチェロの音色は、温かく深い。毎回聴く度に独特な彼の魅力を感じ、嬉しくなります。

また、是非共演したいです。ありがとう、ちかやん‼

当日は、沢山の方々がいらして下さり、嬉しかったです。
追手門学院のスタッフの方々、細やかなお心遣い、ありがとうございました!



終演後、誓山君、立木貴也さんと。
-- iPhoneから送信