2012年4月20日金曜日

おひさしです。

お久しぶりです。
僕、ブログ、向いていないですね!! 書く事は毎日あるのですが。笑
ちゃんと更新しないと・・・努力します。

 3月には、東京文化会館小ホールでのソロリサイタルを終え一休みとはいかず、翌日はみなとみらいホールでのゲスト出演、学芸大附属中学での4コマの授業でのコンサート、東京ヴィヴァルディ合奏団の音楽監督兼チェリストの渡部宏さんとの4回の東北地方支援のチャリティーリサイタルと、様々な経験をさせて頂き、元気にしております。

 ソロリサイタルでは、色々な現時点での自分を見つめ返す機会となり、沢山の温かい皆様に支えられてステージに立たせて頂きました。
色々な発見や欲が生まれ、その感情は自分自身音楽家として大事にしていきたいと思いました。お越し下さった皆様、心から感謝申し上げます。

 学芸大附属中学でのコンサートは、生徒のダイレクトな反応やキラキラした眼差しがまぶしく、悪戯そうな注意されてる子を見ると、過去の自分を見ているようで懐かしくもありました。笑
廊下に机ごと出された事も多々ありました。(遠い目)

 そして渡部宏先生とのリサイタル。渡部宏先生のチェロの音色、解釈などリハの段階で色々と意見を交え話し合え、先生との音楽作りがとても有意義で楽しかったです。本番も心から祈るような想いで音に集中できた瞬間に、演奏家として幸せな時間でした。大先輩の演奏家と共演させて頂く事は、何にも代えがたい経験で、ひとつひとつの言葉や音を受け、自分自身の価値観や知らず知らずに決めつけていたものを、良い意味で打ち砕いて下さいます。
年内12月にも君津でリサイタルが控えているの、今から楽しみです。

プライベートでは、お花見にチェロの奥泉君と出かけ、花より羽目外してる若者をベンチで日本酒飲みながら「若いな・・。あんな時代もあったな・・。」と物思いにふけ、2人行きつけの寿司屋に行き、「大人になったね!!寿司食っちゃうもんね!!」と、言い合い(言ってる時点で全然大人じゃない。)しっぽり飲んだり、おすぎ君という中学の同級生でこれまた才能溢れるビジネスマンと飲んだり、馬のかぶり物を被ってゴム臭くなったりと、音楽、生活共に充実しています。
 ちょくちょく更新努力しますので、遊びに来てください。すみません。笑