2011年6月17日金曜日

コンサート情報





さっそく新しいレパートリーの譜読みの山の中におります。

ピアノトリオ一曲、チェロソナタ一曲、チェロバリエーション二曲、ヴァイオリンソナタ二曲、ヴァイオリン小品数曲、歌曲未知数曲、ソロ曲二曲。

素敵・・・。

来月はクローズドのみですが、八月から年末までコンサートラッシュです。


ソロ、チェロ、ヴァイオリン、ピアノトリオ、声楽と形態も様々ですが、ひとつひとつ自分を大事に精一杯で臨みたいと思います。

八月末のチェリスト奥泉さんとの第二回目となるデュオリサイタルシリーズ鎌倉、札幌公演。去年から二人のデュオとしての成長が試される本番です。「らしさ」の高みを目指します。
よろしく奥ちゃん。

そして、松田理奈さんのリサイタル。この大きな才能を120パーセント引き出せるピアニストになりたい。
九月の逗子文化プラザ、十一月の大阪茨木と、ブラームスの世界を今月末から二人でじっくり掘り下げていきたいと思います。
よろしく理奈っぺ。

そして彼ら二人との室内楽。ヴォランドトリオ。固定したメンバーでレパートリーを掘り下げる大事さ。
それぞれが経験したものを持ち寄り、感化する。
お互いを知り尽くす時間、その上でより深く音楽を追及するこの環境は、それぞれソロでも活動しながら、こんな理想的な室内楽の環境はないのではと思います。

そして僕自身、僕らは僕らだけのトリオとしての個性、色を見出し始めれてると感じます。
もっともっと!!

来年は、「Volando Trio」としても、本番が増えそうな予感。トリオ曲、やりつくそう!
よろしくヴォランド。


コンサートの詳細は、上記のチラシの通りです。
是非、聴きに来て下さい!