2011年1月18日火曜日

ロシア




最近、モスクワにいた頃の夢をよく見る。

あの皮膚が切れるような寒さも、どんよりと憂鬱な曇り空も、ロシアものを弾きながら思い出す。

住むのに便利とは言い難い環境でも、一度住むと戻りたくなる魅力があるロシア。

やっぱり、ロシアを愛してるのかなぁ。

6年間、あのまずい学食食べて、汚いトイレで用たして、廊下でネズミにぶつかられ、弦切れた音の鳴らないピアノで音楽に打ち込んで。

いつでも、あの時間を思い出して、また一歩足を踏み出せる。

たまにモスクワでの思い出話もここに書いていきたい。自分の為にも。